家が出来るまでの流れ




お客様からのご相談
住まい作りに関するあらゆるご相談についてお話下さい。
現場調査・見学

すでに土地をお持ちの場合は、まず敷地調査を行います。
これから土地をお求めになりたい方には、信頼できる不動産業者をご紹介します。
敷地調査の内容は
囲い間(敷地周囲、及び対角線の長さ)計測
高低の計測
方位の計測
道路位置の確認
給水・排水・ガス・電柱の有無・位置調査
などです。
調査結果をもとに調査実測図を作成します。
また、周囲の環境も観察し、家を設計する際の手掛かりとします。
資金計画・プラン作成

調査実測図をベースに、ご要望と予算に合わせた基本的なプランを作成し、仕様と工事概要を決めます。
ご自分でお描きになったスケッチや雑誌の記事、パンフレットなど、プランづくりの参考になりそうな資料をお持ちになっても構いません。
施工中のプラン変更も可能ですが、この段階で、 じっくり打ち合わせることが、施工をスムーズに進行させることになります。
また、資金計画についてのご相談も承ります。
ご希望や疑問の点については、納得のいくまでお話しください。
企画契約

基本プランをもとに、仕上げや設備など総てに渡る設計を行い、 施工のための図面を作成します。
作成する図面は
配置図 (敷地、及び建物の配置図 / 駐車場・アプローチ・植栽計画等 )
平面図 (建物各階 / 間取り・床材の仕様)
立面図 (建物を4方向から見た図 / 外観・外装材等の仕様)
基礎伏図 (建物躯体を支える基礎の平面図)
梁伏図 (各階の梁の構造図)
小屋伏図 (屋根の構造・仕様図)
矩計詳細図 (柱・梁の構造の詳細設計図)
展開図 (建物各部屋の壁面の構成図 / 建具・内装材等の仕様)
その他設備関係図 (電気配線・給排水・ガス等の設計図 / 照明器具・コンセント位置・水道蛇口位置等)などです。
積算

本設計による詳細な積算を行い見積書を作成します。
確認申請

お客様の同意に基づき地盤調査をします、結果によっては見積り金額の変更が起こり得ます。
確定した設計図書を自治体に提出し、工事の許可を得ます。
確認申請は、設計した建築物が建築基準法や自治体の条例に適合していることを示し、 自治体から施工の許可を得るための手続きです。
特定の地域を除き、確認申請が受理されるまでは施工は始められません。
建築契約

確認申請書が受理された後、工事請負を契約します。
当社では中央建設審議会によって作成されている民間建設標準請負契約書を使用しております。
工事名
工事場所
工事期間
引渡時期

請負代金額
支払方法
があり、これに約款を添付します。
これで、やっと施工を始めることができます。
仕様打合・施工

お客様と当社相方合意の上着工となります。
実際の工程は、
建物の大きさ、基礎の高さを決定するために遣り方を造り、墨出しをします。
それをもとに基礎を作ります。
基礎完成後、土台をのせます。
あらかじめ工場で加工した(プレカット)構造材を土台の上に組み立てます〔上棟〕。
上棟後各所の金物をしっかりと堅結します。
そして、断熱パネル、サッシを取り付けます。
・気密測定
・屋根工事
・外壁工事
・設備工事
・造作工事
・仕上げ工事
・内装クリーニングとなります。

仕上げ材の色合わせ等は、カタログ・サンプル等により、打ち合わせの上決めてゆきます。
設計の段階である程度は決めておきますが、実際の仕上がりをイメージできるよう、打合せは、なるべく現場で行うことにしています。
工事途中の仕様変更・追加についてはできるかぎり考慮しますので、 お気軽にお申し出ください。
建物引渡し

建物の完成では
お客様と当社相方納得の上、引渡し完了します。
引渡時には保証書、器具取扱説明書、完成引渡証明書等をお渡し致します。
以上が木造在来工法+スーパーウォール工法の一般的な住宅の場合です。
アフターサービス

実際に住んでみると、変えたい場所や、足りない箇所がいろいろと見えてくるものです。 そんな時はお気軽にご相談ください。
当社は引渡し後の追加.変更工事にも速やかに対応します。
また、増・改築についてもご相談ください。