住いの豆知識




アルミサッシ

アルミサッシの手入れ

1)サッシの溝はサッシブラシか歯ブラシで、溝の両端の切り部から掃き出します。
2)ガラスとアルミ枠を台所用中性洗剤を5〜6滴たらしたバケツの水に浸したぞうきんを絞ってざっとふきます。
3)ガラス面に水分が残っているうちに、新聞紙をまるめて印刷のインクをワックス代わりにしてふき上げます。
4)アルミ枠部分には、研磨剤の入っていない透明色のカーワックスを乾いた布で薄く延ばすと膜ができて輝きが長  持ちします。

フローリング

フローリングの手入れ
1)フローリング材は今はほとんどが合板です。継ぎ目から水分が染み込んで化粧板がはがれやすくなる恐れのあ  るので、水拭きは厳禁、空ぶきが基本です。
2)空ぶきだけでは汚れが落ちにくくどうしても水ぶきする場合は、ぞうきんを固く絞ってふいた後、仕上げに空ぶき  をして完全に水分をとりのぞきます。
3)キズには、同色のクレヨンなどを塗り込んで、空ぶきすると目立たなくなります。
カーペット

カーペットの手入れ
1)掃除機を1m2あたり30秒程度丁寧にかけた後、ぬるま湯に浸して固く絞ったぞうきんを、お絞りのように丸めて、  毛を起こすように力を入れてふき上げます。
2)ふいた後は、窓を開け放してよく風を通し、乾かしましょう。
(たたみ)

畳の手入れ
1)天気の良い日に、掃除機をかけてから、固く絞ったぞうきんで目にそってふきます。
2)畳の黄ばみが気になった時は、薄い酢水に浸したぞうきんを固く絞ってふくと、漂白効果があります。
3)ふいた後は、窓を開け放してよく風を通し、乾かしましょう。
水栓金具

水栓金具の手入れ
1)急な訪問客に、掃除がいかにも行き届いているような印象を与えるコツは、「光るべきところは光らせる」です。まずは水栓金具を磨いてみましょう。家の清潔度がぐんとアップします。
2)蛇口についた水や石鹸のあとは、気がついた時こまめに歯ブラシに練り歯磨きをつけてこすって落とします。仕上  げは布で磨いて光らせます。
3)蛇口の付け根の黒ずみは、クリームクレンザーをつけて古ストッキングなどで左右に引っ張りながら磨き上げます
4)ついでに、水の出もチェックしましょう。蛇口の水はね防止キャップの中には、整流のための網が入っています。こ  こに、水道管などから出るゴミがつまると水の出が悪くなります。キャップを回してはずし、中に入っているあみを  歯ブラシでこすってゴミをとりのぞきます。
5)鏡も光らせましょう。お湯ぶき後、乾ぶきすれば水滴あとが残りません。くもり止めには、シェービングフォームで  乾拭き、または新聞紙をまるめてふくのも効果があります。
6)排水口のヘアキャッチャーに髪の毛がつまると、排水が悪くなります。たまに歯ブラシで取り除きましょう。
換気

〜家中を閉め切ってしまう冬こそ意識的な換気が必要〜
木枯らしが吹く季節、なるべく室内の暖かな空気を逃さないように、窓は四六時中閉め切ったままになりがちです。 換気、つまり空気の入れ替えをしないと、人体や住宅に悪影響を及ぼすことがあります。例えば、石油ストーブが不完全燃焼して発生させる有害ガスや一酸化炭素が室内に充満し思わぬ事故につながったり、カビの元となる埃や微生物、人体に有害な物質が室内に滞留したり…。
また、この時期はインフルエンザが気になる季節です。外出先から家に戻ったら、真っ先に「うがいと手洗い」することが予防の第一歩ですが、意外と知られていないのは、ウィルスが洋服などにも付着して室内に持ち込まれてしまうということです。
室内外の温度差が広がり水蒸気が室内に滞留すると、結露が発生し、ひどい時には建物を傷めてしまうこともあります。
冬は閉め切った状態が多いからこそ、他の季節とは異なり、意識的な換気が必要な季節だといえます。

計画換気
高気密・高断熱住宅と呼ばれる住宅の場合は、隙間風に左右されず換気量を最適にコントロールできるように気密性の高い造りになっていますから、計画機械換気システムを併用することが最適だといえます。 トステムのスーパーウォール(SW)工法住宅用の計画換気システムは、「大空快」「かいてき君」「けいざい君」の3タイプ。外からの空気はフィルターを通過させ、ほこりや砂塵を少なくし、きれいにした後で室内に採り入れます。そして室内の汚れた空気は強制的に排気します。(外からの給気はタイプにより、機械による強制給気と自然給気があります。)
木枯らしに続いて、春が訪れる前にやってくるのがスギ花粉。花粉アレルギーの症状を軽減するには、極力花粉が室内に入ってこないようにすることですが、計画機械換気システムならば、フィルターが外気に含まれている微細な花粉の侵入を抑えてくれます。
夏の省エネ

日除けはカーテンのみで冷房ガンガンといった家庭も多いかと思いますが、いったん室内に入り込んだ熱を機械で力まかせに冷やす方法はあまり効率的とはいえません。日射は窓の外側で遮るのがもっとも効果的な方法です。昔ながらのすだれ、ひさしは、現在でも不滅の定番商品と言えます。
オーニング、ひさしは優れた省エネグッズ
日射は太陽の高度と方位によって決まり、東京では夏至の正午の太陽高度は77度で方角は南のため、南面の窓は上からの日射を軒やひさしなどで遮ることが求められます。ひさしの必要な出幅は、窓の下端からひさしの設置位置までの寸法の約0.3〜0.4倍にすると夏は日除けとして機能し、冬場は貴重な室内への日射を妨げません。たとえば背の高い掃き出し窓で70cm前後が最適寸法です。
欧米で一般的なオーニングは、可動式で角度や張り出し幅が変えられるのでさらに有効です。住まいに優雅さを付加できるオーニングは日本でもブームとなりつつあります。
一方、朝夕の太陽の高度はあまり高くありませんから横の方から日射を受けることになります。強烈な真夏の西日は、ひさしのように「上」に対する遮蔽ではなく、すだれのように「横」方向の遮蔽をする必要があります。
日射角度の低い西日はすだれ、よしず、シャッターでカット
西日をブラインドやカーテンのように室内側でカットするのは、一見涼しそうに感じますが、太陽エネルギーが室内に侵入しブラインドやカーテンそのものを暖めるため結果的に室温を上昇させます。ブラインドのように金属製の熱を伝えやすい材料の場合、輻射温度の上昇により、ちょうどパネルヒーターを窓に設置したような状態となります。すだれ、よしず、シャッターのように窓の外側で日射を遮る方法は、太陽エネルギーを窓の外でカットするので効果的です。冬には葉が落ちて陽ざしを妨げない、落葉樹を植えるのも効果的です。

防 犯

年々増加している「空き巣ねらい」や「忍込み」
各種の犯罪は年々、増加する傾向にあり、かつ悪質化、凶悪化していると言われています。東京都内で発生した「空き巣ねらい」を例にとると、発生件数は平成7年から9年までほぼ横ばい状態でしたが、平成10年を境に急に増しています。その一方で、検挙率は下がっています。
日中の「空き巣ねらい」や夜間の「忍込み」など、家に押し入ろうとする窃盗犯をシャットアウトするためには、鍵のかけ忘れに注意するなど日頃の住まい方と、防犯を配慮した住まいの在り方が大切です。

「ピッキング」でこじ開けにくい鍵を選ぶ
「ピッキング」とは、もともと鍵を開けるピックという道具を使って解錠する技術をいい、世界各国において錠前技師の代表的な技術になっています。最近ピックを悪用して「空き巣ねらい」をする事件が多発し、「ピッキング」=「犯罪」のようなイメージが定着しつつありますが、もともとは錠前技師の大事な仕事を表していた言葉なのです。
「ピッキング」による盗難は、ほとんどがマンションなどの集合住宅で起っています。なかでも共有廊下が外から見えない構造のマンションが格好の標的となっています。
不正ピッキングに対する有効な対策は、ロータリーディスク式、電子ロック(マグネット式)、ディンプルキーなどの解錠しにくいキーを使用すること。ピッキングに弱いとされるウェーハータンプラーキーやディスクタンブラーキーを使っていて不安だという場合は、鍵メーカーや鍵屋さんに相談してみましょう。
トステムのマンション用ドアは、ロータリータンブラーキーを採用しています。また住宅用玄関ドア、勝手口ドアに関しても、ロータリータンブラーキー、耐ピッキング構造(サイドスリット付き)のディスクシリンダーなど、ピッキングに強い方式の鍵を採用しています。
※旧商品や施工してから年数がたっている商品も、防犯性向上シリンダーに交換することが可能です。

[ピッキングに弱いとされる鍵は]
ピッキングに弱いとされる鍵

[ピッキングに強いとされる鍵は]
ピッキングに強いとされる鍵


防風・防雨に加え、防犯上の重要度を増している雨戸・シャッター
雨戸は、当初、雨風を防ぐ目的のためにつけられるものでした。アルミの特性のひとつは錆びにくく腐食しにくいことです。窓枠やレールが錆びにくいアルミ製のアルミサッシが主流になってからは、雨戸によって開口部分を雨風からガードする必要性が昔に比べると薄れてきています。その反面、安易に窓ガラスを割られないように「防犯」の意味合いから雨戸を取り付ける必要性が強くなっています。シャッターについても、雨戸と同じことがいえます。

防犯性強化だけでなく「窓のアクセント」にもなる面格子
雨戸・シャッターと並ぶ、窓部分のもうひとつの防犯部材が「面格子」です。お風呂場やキッチン、トイレ、階段の踊り場、窓を設けられるスペースが限られている居間などには、小型の引き違い、上げ下げ窓、ルーバー窓、出窓などが取り付けられます。そういった小型の窓の防犯に適しているのが面格子です。
防犯目的のために取り付ける面格子とはいえ、最近では「防犯」を全面に押し出した堅牢なデザインのものだけでなく、「防犯のためだけでなく窓を美しく飾るため」のデザイン性の高い格子柄や明るい色合いのシリーズが人気です。
採風・換気用の窓がついている勝手口ドアとコーディネートできる面格子もあります。
木製建材

〜木のぬくもり〜
窓といえば、一部の寒冷地を除けばいまやアルミサッシが大勢を占めていますが、サッシが普及するまでは、木製の建具が一般的でした。アルミは耐候性や耐久性に優れているといった様々な特長をもっていますが、天然木の持つ「温もり」や「暖かみ」、「肌触り」はまた格別なものですし、「熱を伝えにくい」「結露が起きにくい」など、木が持っている長所もあります。また、塗装方法を工夫したり、木と他の素材を複合させて用いることで、「腐りやすい」「反りやすい」といった木の弱点を補い、かつ木の特性を生かした使い方ができるようになってきました。
内装建材
製材された板を乾燥させて樹脂接着剤で集成接着したものを集成材と呼びます。大きな節や割れの部分を取り除いてあるので、反りや曲がりが起こりにくいことが大きな特長です。
室内ドア・室内引戸、クローゼットドア、玄関収納などの内装建材は、天然木を素材とするタイプと、間伐材のチップなどをリサイクルして接着剤で熱圧成形してつくられるMDF(中質繊維板)に樹脂シートなどを張り合わせたタイプにおおむね分けられます。

低ホルムアルデヒド
新しい家に入居後、めまいが続いたり、皮膚炎が治らない「シックハウス症候群」は、人体に有害だとされている化学物質、埃、カビなどが家の中に滞留することによって起こるといわれています。有害物質の代表がホルムアルデヒドです。有害物質を放出するため、こまめな換気を心がけましょう。
当社推奨のトステム、その他の、天然木に限らず、全ての木質系製品の材料について、低ホルムアルデヒド化を進め、ホルムアルデヒドの放出量が限りなくゼロに近いものを使用しています。日本工業規格(JIS)、日本農林規格(JAS)が定めている放出(放散)量の評価基準で、それぞれ放出量最低レベルの「Eo」、「Fco」をクリアしている材料のみを使用しています。
※ 内装建材、キッチン、洗面化粧台、出窓のテーブル板、住宅構造体パネルなどが木質系製品です。

バリアフリー

急増するバリアフリー住宅
住宅金融公庫の調べによると、1999年に同公庫を利用し建設された戸建て住宅のうち約半数が「バリアフリー仕様住宅」だったとの結果が出ています。「バリアフリー仕様住宅」とは、出入り口部分の段差をなくしたり、階段や廊下に手すりを設けるなどして、「バリア=障害」を取り除き、高齢者などがより安全で快適に暮らせるように設計された住宅をさします。
住宅金融公庫では、バリアフリー仕様住宅の普及を図るため、段差の排除など同公庫が定める一定の基準を満たした住宅に対しては、割り増し融資が受けられる制度を設けています。この割り増し融資制度を利用して建てられた住宅が、昨年度は50.5%と全体の半数を超えたのです。高齢化社会が進む中で介護保険の導入などをきっかけに、いまだけではなく先々のことを考えた家づくりや住まい方を真剣に考える建て主が増えているといえます。
また、浴室の改装や玄関の取り替え、手すりの取り付けなどによって、安全で快適な家に手直しするという「リフォームによるバイアフリー対応」も増えています。

出入口の段差を解消1
目の前の大きな段差には「ハッ!」とすぐに気がつくのに、足元のちょっとした段差を見落として「アッ!」とつまづいてしまう。高齢者に限らず、誰もが一度ならず経験していることです。ちょっとした段差につまづいて、突き指程度ですめば不幸中の幸いですが、廊下などの狭いスペースで転んで柱の角に頭をぶつけ大怪我につながってしまう危険もあります。家の中で起こるこのような事故を極力防ぐためには、玄関・勝手口やテラスサッシなど室外への出入り口や、室内での各居室への出入口を、段差の少ないものにするとよいでしょう。
居室と居室、あるいは居室と廊下を分ける出入口部分には、上吊り方式の引戸を使うと、レールの溝も段差もないものになります。 上吊り方式の引戸の中でも、磁石の力を利用したリニアモーターによって自動開閉するタイプなら、わずかの力を加えるだけで自動開閉します。さらに、赤外線センサーが感知して自動的に開け閉めしてくれる「起動センサー付き」ならば、手を使わないで自動開閉させることもできます。自動開閉タイプは、人の通過し終わったことを感知するまでは閉らない「安全センサー」、人や障害物が触れるとすぐに開く「衝突反転機能」など、安全機能を十分に備えています。

浴室の安全を確保
浴室部分は水気を帯びて滑りやすく、また、靴下やスリッパを脱いだ裸足の状態で出入りすることが多いので、ちょっとしたつまずきが大きな怪我につながりやすい場所だといえます。
体を支えるための握りバー、すべりにくい床面、腰に負担がかからないように洗髪や洗面ができるカウンターなど、
浴室で怪我の他に気をつけなければならないのは、急激な温度変化によって循環器系にもたらされる「冬場のヒートショック」です。これを避けるためには、浴室換気乾燥機などをうまく使って、浴室内と浴室外の温度差をあまり大きくしないことが大切です。冬場の入浴前には必ず、換気乾燥機を暖房モードにして浴室を温めておくとよいでしょう。

手すりの設置
ベランダなどの高所、階段など勾配の急な場所、廊下やトイレといった狭くて動きが限られてしまう場所において、危険を回避しかつスムーズに動くための補助をしてくれるのが「手すり」です。

キッチンの高さ
キッチンでの立ち仕事は、キッチンで作業をしたことがない人には意外と思えるほど、腰に負担がかかります。キッチンが低すぎると腰のかがめ過ぎになり、高すぎると腰が伸び切った状態での作業が続くことになります。キッチンの高さは通常、キャビネットを下支えする台輪の部分をカットすることで、80mmから85mmまで調整することができます。ショールームなどで、キッチンの高さを確認する時は、必ず靴を脱いでスリッパをはいた状態か、もしくは裸足のままでキッチンの前に立ってみてください。スニーカーやローヒールであったとしても、靴を履いている状態では、底の厚みの分だけ実際の身長より高くなってしまうからです。1〜2cmの高さの違いが、後々の使いづらさの原因となることがあるので、普段キッチンに立つ時の足元で確認しましょう。


  

 トップページ |現場記録|高気密・高断熱って?|商品紹介 |住まいの情報 |会社案内資料請求