高気密・高断熱がもたらす
 内部結露とは・・?


今、注目の高気密・高断熱住宅。
高気密・高断熱住宅は、「省エネルギー」「室内温湿度などの快適性向上」などの効果を期待できますが、
その反面、その特徴や性質をよく理解した上で施工しないと、結露発生の原因になり、建物の耐久性に大きな影響を与えます。

では、高気密・高断熱化がもたらす結露とは一体どのようなものなのでしょうか?


結露とは

日本人なら、誰でも一度は体験したことがある、結露という現象。
そしてその現象には、「表面結露」と「内部結露」の2種類があります。

表面結露」とは、室内側の壁や窓の表面に水滴ができる、目に見える結露のことをいいます。
内部結露」とは、壁の内部や床下など、目には見えない所で発生する結露のことをいいます。

空気中には、水分(水蒸気)が存在しています。
そして、空気中に含むことが出来る水蒸気の量は、温度によって限界があります。
高温になるほど多くの水蒸気を含むことができ、低温になるほど少ない水蒸気しか含むことができません。この水蒸気の限界量のことを、飽和水蒸気量といいます。
ある温度と湿度の時、空気中の水蒸気量が限界飽和水蒸気量)に達する時の温度を露点温度といいます。露点温度以下になり、飽和水蒸気量を超えた水蒸気は、空気中に存在していることが出来ず、水滴などに変化します。このような現象を「
結露」といいます。

                                                         結露発生
同じ室内において、温度が低下すると飽和水蒸気量は小さくなりますが、水蒸気量は変化しません。飽和水蒸気量が水蒸気量を下回ったとき、結露が発生します。

冬、温かい室内から寒い室外へかけて壁体内部で温度が急激に低下します。
それと共に、室内の水蒸気も壁体内部に浸入します。
壁体内部に浸入した水蒸気は、温度が低下するにしたがってその飽和水蒸気量も小さくなります。
断熱材の外気側は室内側に比べて急激に温度が低下するので、飽和水蒸気量も急激に小さくなり室内から浸入してきた水蒸気は限界を超え、断熱材内部で水滴に変わり、結露が発生します。
この現象を「
内部結露」といいます。
「内部結露」は、断熱材の性能を下げ壁体内で使用している建材を腐らせて、建物の耐久性に大きな影響を与えます。
内断熱 外断熱

内断熱工法でも外断熱工法でも、温度が急激に低くなる断熱材の外気側では飽和水蒸気量も急激に小さくなるので、結露は発生しやすくなります。このとき、外断熱なら躯体の外側に断熱材を設けているわけですから、断熱材の外側で結露が発生しても躯体には影響はありません。これに対して内断熱工法では、断熱材の外側で結露が発生するということは躯体内部で結露が発生するということになるので、躯体に影響がでてきます

内断熱工法でも外断熱工法でも、ある温度に達した時、壁体内で結露は発生します。それは、使用
している断熱材の性能、壁体内部の構成(部材種類、厚さなど)、施工方法、室内で使用する暖房機器の種類(エアコン、石油ストーブ)などによって、結露が発生するときの室内外気温、湿度が異なってくるのです。

例として、内断熱工法で断熱材を施工した場合と施工しなかった場合の結露発生の違いを比較してみましょう。

断熱材なし 断熱材あり

断熱材以外の壁体内部の構成、冬にエアコンを使用した状態の室内気温(23℃)、湿度(内;60%、外;50%)は全く同じ状態で、室外気温が何度まで下がると結露が発生するかを求めました。断熱材を使用しない場合、室外気温2℃で内部結露は発生しますが、断熱材(ウレタン現場発泡)を使用する場合、室外気温-9℃まで内部結露は発生しません。
(結露発生温度は、使用する材料やその厚さによって異なります。)

断熱材を施工するかしないかを例に挙げて比較しましたが、先にも述べたように、結露が発生するときの室内外気温、湿度は使用している断熱材の性能、壁体内部の施工方法、室内で使用する暖房機器の種類(エアコン、石油ストーブ)などによって異なってきます。

例えば・・・
断熱材の性能がよくても隙間だらけの施工をすれば、その隙間から必ず結露が発生します。
断熱材の性能、施工方法が完璧でも、水蒸気を多く放出する石油ストーブを使用すれば、エアコンを使用する時よりも、室内外気温の差が小さい状態で結露が発生します。
施工方法が完璧でも断熱材の性能があまり優れていなかったら、優れた断熱材を使用した時よりも、室内外気温の差が小さい状態で結露が発生します。


このように、ただ単純に「高気密・高断熱」だから、「省エネルギー」で「耐久性がある」わけではないのです。そして「内断熱」だから結露し、「外断熱」だから結露しないとも言いきれないのです。



高気密・高断熱って? 生活工夫と注意点