現 場 記 録
スーパーシェル工法(練馬T邸)


2001/11/22 地盤調査を行います。 
 

  
     


2001/11/22 ● 解体、整地終了


  
 



2001/11/26 ● 地盤調査結果に基づいて基礎形状を作るため土を掘削します。
此れを根伐りといいます。此処では40cm掘りました。
 

基礎がのる部分の土を固め石を敷きこみます。
敷きこんだ石を入念に突き固めその上に防湿シートを敷きます。


        
  

 
  



2001/11/28 ● 防湿シートの凸凹をなくすコンクリートを打ちその上に鉄筋を組み立てます。
 
 
  

  

2001/11/30 ● 鉄筋組み立て。


     



2001/11/30 鉄筋組み立て終了。


  
 



2001/11/30 ● 鉄筋検査 当社自主検査です。住宅保証会社の検査も受けます


  
   



2001/12/01 ● 底盤(耐圧盤)コンクリート打ち。


  



2001/12/05 ● 立ち上がり型枠入れ、その後コンクリート打ち。

  配筋検査

     

     

2001/12/10 ● 養生期間の後、型枠を外して基礎は完成です


     
 
  
  

2001/12/12 ● 基礎の上に土台を乗せてからボルトで土台をしっかりと固定します


   

  
2001/12/14 ● 土台の上に床パネルを敷き釘打ちします
         断熱材(厚65mm)を敷きそのうえに合板(厚15mm)を釘打ちします。
           当社の仕様建材はすべて底ホルムEo,Fcoです。




    


  
                    次のページ



 トップページ |現場記録|高気密・高断熱って?|商品紹介 |住まいの情報 |会社案内資料請求