現 場 記 録
練馬T邸


2001/12/15 ● 外壁パネルがのる部分に機密パッキンを敷きます。


      
  
   

12/15 ● 壁と壁との交叉部には長さ150mmのポールバーンネイルという釘を250mm間隔で打ちます
       内部の壁下地を取り付けて1階壁パネル終了です。


      

   


01/05/10 ● 1階壁パネルの上に2階床パネルを敷き釘打ちします。
        
 
床パネルの上に合板(厚15mm)を釘打ちします


      



2001/12/17 2階壁パネルを組み立てます
          車庫上2階床の部分に断熱材(厚65mm)を入れます。


     



2001/12/19 ● 2階壁パネルの上に床パネルを敷き屋根壁パネル、梁をかけます。
           

 

  



2001/12/19 ●  屋根パネル取り付け。

 
  
  



2001/12/20 ● スーパーシェルパネル取り付け完了です。

  断熱材

  
    

   


2001/12/29 ● 金物でパネルを固定した後サッシを取り付け
          1階壁パネルの腰部分を防蟻、防腐消毒します。


  2階床敷き込み

   



2002/01/09 ● 浴室、洗面、トイレに断熱材を敷き基礎部分を他と断熱区画しました。
         他の基礎は基礎パッキン通気工法です

  

    
   


2002/01/09  屋根下地葺はゴムアスファルトルーフィングを使用しています。(ライナールーフィング)


   

  


2002/01/10 ● 内部窓まわり隙間にウレタンフォーム(断熱材)を充填します。


      

  

2002/01/11 ● 外部窓まわりに防水テープをはります。

  外部透温シート張

    


01/11  屋根材を葺きます。此処ではナショナルワンダ・ストーンを使用しています。 


   



2002/01/15 ● 気密測定します。
        (結果は、0,63平方センチメートル/平方メートル/9,8pqでした。)



     
   

2002/01/19  屋上防水(FRP)工事です。


   



2002/01/22  外部面コンセントまわりの隙間にウレタンフォームを充填します。


 
   



                   
                   つぎのページへ